先輩の声

吉岡電気工業で活躍する先輩社員からのメッセージです。

職場の雰囲気や仕事内容が良く分かる先輩のインタビューがご覧いただけます。
就職を決めるために何をすべきか、どのようなスキルが必要でどんな業務を行っているかなどを
先輩社員からご案内いたします。

手助けが出来る事に大いに「やりがい」を感じています。

工務本部 保守点検制御グループ 課長
T・N(平成7年4月入社)
中部大学 工学部電気工学科卒業

当社が担う仕事は各発電所で作られた電気を一般家庭やビル・工場などへ届ける非常に公共性の高い仕事です。一つの結線ミスが大きな供給支障にもつながりかねません。だから常に緊張感を持って仕事をしています。電気がない生活は考えられない今日。その手助けが出来る事に大いに「やりがい」を感じています。

寮や食事も用意されていて、仕事に専念出来る環境が整っています。

工務本部 保守点検機器グループ
T・D(平成22年4月入社)
鹿児島県立種子島高等学校 電気科卒業

種子島から一人名古屋への就職で最初は不安を感じましたが、鹿児島や熊本・宮崎出身の先輩や同僚も多く、今は生活にも慣れました。仕事についてはまだまだこれから学ぶ事が沢山有りますが、教育プランもしっかり計画されていて勉強勉強の毎日です。寮や食事も用意されていて、仕事に専念出来る環境が整っています。

日本で初の電気工事請負業者

工務本部 工務制御グループ 主任
K・Y(平成22年4月入社)
名城大学 理工学部 電気電子工学科卒業

大学時代に学んだ事を活かせ、公共性の高い電気関係の仕事を探していました。そこで目に留まったのが「日本で初の電気工事請負業者」です。家庭でも工場でも電気は必要不可欠です。大きな責任を負っているからこそ「やりがい」も大きく感じています。電気に関する資格取得も大事ですが、一番大切な事は「やる気と向上心」と考えています。
これがないと成長してゆく事が出来ないしお客様から信頼や評価も頂けません。
新入社員研修はもちろん、資格取得のために定期的な研修も実施され入社後のフォローもしっかりしています。
みんなでスキルアップし、電気の安定供給を支えて行きましょう!!